Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

話題のNetflix発海外ドラマ、まずは観ておくべきおススメドラマを一挙紹介

9月2日(水)、世界最大の映像配信サービスNetflixが、日本でもサービスを開始した。映画ファン、ドラマファンはこの瞬間を待っていた方も多いだろう。 この膨大なコンテンツの中で、Netflixが製作した「まずは抑えておくべき」作品をみておこう。 ■デアデビル 「アベンジャーズ」「スパイダーマン」「X-MEN」などの作品で数多くの超人気キャラクターを生み出しているマーベルが新たに放つヒーロー、デアデビル。 全13話にわたって、「善と悪の境界線」に焦点を当て、リアルなアクションを交えながらマーベル屈指の人気ヒーローの誕生を描く本作。昼は盲目の弁護士として働き、 夜は極限まで鍛え上げた身体能力を武器に、クライム・ハンター「デアデビル」として法では裁き切れない悪に立ち向かうマット・マードック(チャーリー・コックス)が、 「正義の行いとは何か」という葛藤を抱きながら孤独な戦いを続けるストーリーに、男性のマーベルファンのみならず、女性も魅了されるに違いない。 ■オレンジ・イズ・ニュー・ブラック ニューヨークの裕福な家庭で育ったお嬢様が過去に犯した罪で刑務所行きに。その隔離された塀の中での個性豊かな女性囚人たちによる人間模様を巧みに描く話題作。 深刻な社会テーマに大胆に斬り込みながらも、ユーモアを交えた感動のストーリーは全米で社会現象にまで発展。 全米では、2016年のシーズン4配信もすでに決定している。まずはこちらのシーズン1~3、Netflixで一挙配信。 ■Sense8 映画「マトリックス」シリーズで知られるウォシャウスキー姉弟が、初めて手がけた連続ドラマがこれ。 世界各地に散らばる他人同士の8人に、ある日突然特殊能力が備わり、まるで同じ場所にいるかのように互いの姿が見え、 意志の疎通ができるようになるというSFスリラー。その能力のため、謎の組織に追われるようになる8人が、 次第に協力しあい結束していくストーリーだ。 さらに、サンフランシスコ、シカゴ、ロンドン、レイキャビック、ソウル、ムンバイ、ベルリン、ナイロビ、メキシコシティと世界各地でロケを敢行するという、 スケールの大きさも話題となっている。 ■ベター・コール・ソウル 昨年のエミー賞でも有終の美を飾り作品賞をはじめ主要部門を総なめした「ブレイキング・バッド」のスピンオフ作品。遂にNetflixで日本初登場。 「ブレイキング・バッド」終了後、あまりにハマりすぎて燃え尽き症候群になってしまった方、いよいよですよ。 さすが「ブレイキング・バッド」のスピンオフ。ソウル・グッドマンがいかにしてあの弁護士になったのか、じっくり楽しめるのと共に、炸裂するヴィンス・ギリガンの手腕に再び脱帽である。本作は本年度の第67回エミー賞でも、作品賞、主演男優賞、助演男優賞でノミネートされている。 詳しい作品情報は1本ずつ追って当サイトで紹介するのでお楽しみに。 ・Netflix http://www.netflix.com/ Netflixサービス料金一覧 ■ベーシックプラン 画質:標準画質 (SD) 同時視聴:1ストリーミング 月額 650(税抜) ■スタンダードプラン 画質:高画質 (HD) 同時視聴:2ストリーミング 月額 950(税抜) ■プレミアムプラン 画質:超高画質 (UHD 4K) 同時視聴:4ストリーミング 月額 1,450(税抜) 写真:(C) Netflix. All Rights Reserved.

Comment

Scroll to top