「ゲーム・オブ・スローンズ」ベスエピ中間選挙結果発表試写会レポート

2017年10月9日 月曜日

日本ではスターチャンネルにて、日米完全同時放送された大人気のHBO製作の海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。今年7月に放送開始されたばかりの最新シーズン『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』が、いよいよ待望のブルーレイ&DVD化、ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより、12月16日(土)に発売、レンタル開始となる。

米TV界で最も栄えあるドラマの祭典「エミー賞」においても、歴代最多受賞記録を持つ本作なのだが、最新の第七章リリース前に、第一章から第六章までの60エピソードの中からファンの投票によってベストエピソードを選出する中間選挙の結果発表試写会が10月5日に東京都内にて開催された。

img_8661

<試写会場にはこれまでのBD&DVDパッケージデザインも!>

試写会には、本作の大ファンであるDJ・音楽プロデューサーの☆Taku Takahashiさん(m-flo)と音楽評論家・SF評論家の丸屋九兵衛さんが登場。MCは、映画・海外ドラマライターの幕田千宏さんが担当した。

got701
<ヴァリリア語、ドスラク語で挨拶!>

img_8621

<日本ではあまり売っていない『GOT』グッズは海外で入手!>

ファン投票の結果、第一位を獲得したのは、『第六章 Episode9「落とし子の戦い」』
これについてはみんな「順当な結果」と納得の様子。
結果発表はこちら

登壇した三名とも『GOT』の大ファンということもあり、エピソード毎にそれぞれの思い入れある話が続き、あっという間にトークイベントの時間は過ぎて行く。丸屋さんは、「アメリカでは(GOTは)そこそこデキる大人たちの常識になっているドラマ。日本も見逃さないで欲しい。ここに来ているみんなはもう既に観ていると思うが、まだ観たことが無いという人には改めて、ぜひ観てもらいたい。」と述べた。
また、☆Takuさんは「人種差別や女性蔑視など現代でも共通の問題がはびこる世の中。良いことが全くない世界の中で、どうやって自分は生きていくのか、そして世界を変えていくか、今、まさに社会で起きていることと重ねて観て共感できる部分の多い作品です」と語った。

img_8652


第七章は1エピソードにつき平均視聴者数が3080万人と、第六章の記録を800万人増で塗り替え、放送局の米HBO史上最高視聴者数を更新した。既に発表されている通り、GOTシリーズは第八章で完結をむかえるわけだが、その前章となる今回の第七章、本当にどの話のどのシーンも瞬きする間も惜しんでほしいほど、見逃すことの出来ない素晴らしい章になっている。今回リリースとなる「初回限定生産」セル商品に含まれる特典には、本編では描ききれなかった12000年におよぶウェスタロスの長い歴史における主要な出来事をモーション・コミックで語る"外伝:七王国の歴史"のほか、ポストカード(5枚組)が封入されており、ファンは必ず入手しておいてほしい特典が満載!

got7bddvd

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』
12月16日(土) ブルーレイ&DVD発売 / レンタル開始
【初回限定生産】DVDコンプリート・ボックス(6枚組)10,400円+税
【初回限定生産】ブルーレイ コンプリート・ボックス(6枚組)12,300円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』
Game of Thrones © 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.HBO® and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

img_8661