「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章」ジャパンプレミアにブラン・スターク役アイザック・ヘンプステッド・ライトが来日!

2017年7月17日 月曜日


世界中で視聴者を熱狂させている大人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」の日米同時放送を記念して、第一話の放送スタート日である本日7月17日(月)、TOHOシネマズ六本木にて、ジャパンプレミアイベントが開催された。

ドラマの中でも主要なキャラクターであるブラン・スターク役をつとめるアイザック・ヘンプステッド・ライト、そして、日本語吹替を担当する福山潤と、本作の大ファンであるという安田美沙子がイベントに登壇した。

img_8501

本イベントは、大スクリーンで日米同時放送の最新シリーズ第一話を鑑賞しようというファンにとってはお祭り的なイベント。さらに今回が初来日となるアイザックをスペシャルゲストとして迎え、会場は大歓声に包まれた。

アイザックは、本作のシリーズ開始当初は11歳、かわいらしい少年だったが、7シーズンを経て現在は18歳の好青年に成長。「7年間、ティーンの時期を『ゲーム・オブ・スローンズ』と一緒に成長してきました。身長が伸びたよね、とたくさんの人に言われている一番の変化です(笑)。この作品を通して多くを学び、いい友達もでたくさんできました」と、にこやかに語った。

img_8346

安田からは、特製の氷と炎をイメージしたかき氷がプレゼントされ、「おいしい!」と笑顔で食べ続けるアイザックに、安田が「第七章の秘密をちょっとだけ教えてくれませんか?」とたずねると、アイザックは「ネタバレ禁止(笑)」と日本語で答え、会場に集まったファンたちの笑いを誘った。

img_8408

img_8423

青年期になってからのブランの声を第六章から担当している福山もまた本作品の大ファン。当時はドラマを見ていた自分が、ブランの声を担当できることになって本当に嬉しかったという。さらに今回アイザックと対面を果たせたことで、とても感動していると述べた。第六章でブランの台詞シーンを福山が日本語で吹替える場面が会場のスクリーンで上映され、それを観たアイザックは、「すごい!不思議な気分。僕は日本語はわからないけど、ちゃんと感情が伝わってきていて、自分も日本語を上手に話せるような気がしてきました(笑)。吹替えにハマりそうです!!」と大いに喜んだ。

そして、2日間オフがあったというアイザック、浅草をはじめ東京観光を楽しみ、寿司に刺身、さらには激辛のラーメンも食べたりと、元気いっぱいの様子だった。

got7_japankey_rgb-s

「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」は、毎週月曜朝10:00より、スターチャンネルにて放送。
公式HP:http://www.star-ch.jp/gameofthrones/

img_8501