スヌーピーの魅力に深く迫る『美術手帖』増刊号。どんどん知りたくなる本当のスヌーピー。

2016年10月5日 水曜日

生まれた時から、このキャラクターに慣れ親しんでいる、という方も多いのでは?
東京・六本木にスヌーピーミュージアムも開館し、スヌーピーの人気が近年再燃している。10月8日(土)には第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」がスタート、原画80点などが来日し、史上最大級のスヌーピー展となる予定だ。展覧会に先駆けて発売される『美術手帖』の増刊号では、誕生から半世紀を超えても愛され続けるスヌーピーの魅力のひみつを、様々な視点から紐解いていく。そんな本書を少しだけ紹介しよう。

snp3

PART1.「知っていますか?スヌーピー」。 
スヌーピーミュージアム図録などのアートディレクションを手がける祖父江慎が案内する「スヌーピーをこんな視点で楽しもう」では、 4本足で歩いていた頃の犬らしい姿、様々な動物に変身するスヌーピー、思わず笑える耳の活用法など…。スヌーピーのなりたちから、これまで知らなかった意外な魅力まで、ふんだんに紹介されている。ほかに、生みの親であるチャールズ・シュルツの創作の裏側について語るジーン・シュルツ夫人のインタビュー、特大サイズの原画を原寸再現した綴じ込みページなどで、 シュルツの創作に迫っていく。

snp2

 

PART2.「スヌーピー・ガイド」。巻頭を飾るのは、女優の松岡茉優が初めて訪れるスヌーピーミュージアムの体験記。スヌーピーや原作に触れて、「改めてスヌーピーが大好きだと気付いた」と話した松岡のように、大人も夢中にさせてしまうミュージアムの楽しみ方の紹介。

PART3.「『ピーナッツ』の世界」。デザイナーのチップ・キッド、臨床心理士の岩宮恵子、アーティストの鴻池朋子ら、様々な分野の執筆陣が、原作『ピーナッツ』の世界を読み解く。また、今年映画化されたマンガ『四月は君の嘘』の作者、新川直司のインタビューを掲載。『四月~』のヒロインがたびたび引用する『ピーナッツ』の名台詞について語る。

原作の『ピーナッツ』は、計1万7897話にも及ぶ。まだまだ知らないことがたくさんあるスヌーピーを、知れば知るほど楽しく、好きになることができる一冊。

snp1

【目次】
●PART1:知っていますか?スヌーピー DO YOU KNOW SNOOPY ?
・原画でたどるスヌーピーの変遷
・綴じ込み 『ピーナッツ』原寸大ギャラリー
・祖父江慎が案内 スヌーピーをこんな視点で楽しもう
・スヌーピーを生んだ創作の軌跡 チャールズ・シュルツ1922-2000
・マンガ家シュルツの実像に迫る ジーン・シュルツ インタビュー
・シュルツの言葉から読み解く 創作のキーワード
・クリエイターが語るマイベスト・スヌーピー
 チップ・キッド/松本力/福田里香/鴻池朋子

●PART2:スヌーピー・ガイド GUIDE TO SNOOPY
・松岡茉優さんが体験!スヌーピーミュージアムに行こう
・シュルツの暮らした街 サンタローザへ
・ヴィンテージグッズ
・『ピーナッツ』の50年
・キャラクター図鑑
・コミック&書籍案内
・最新ニュース

●PART3:『ピーナッツ』の世界 THE WORLD OF PEANUTS
・祖父江慎×チップ・キッド対談
・祖父江慎 『ピーナッツ』サンデー版コレクション
・アメリカン・コミックの基礎知識
・臨床心理士・岩宮恵子の『スヌーピーたちの心の相談室』より
"ちょっと楽〞に生きるための7つのヒント
・新川直司インタビュー 『四月は君の嘘』と『ピーナッツ』の言葉
・論文:世界と同じくらい大きなピーナッツーーチャールズ・シュルツとマンガ芸術
 ジョン・カーリン=文

美術手帖11月号増刊 「スヌーピー」 10月5日(水)発売
定価1500円+税
発行元=美術出版社
美術手帖公式サイト http://www.bijutsu.press
Amazonサイト http://amzn.to/2dOO94h

[関連展覧会]スヌーピーミュージアム第2回展覧会
「もういちど、 はじめましてスヌーピー。 」
10月8日~4月9日
http://www.snoopymuseum.tokyo/exhibition/


写真:『美術手帖』11月号増刊「スヌーピー」 (C) Peanuts Worldwide LLC.